忍者ブログ
サッカー(栃木SC)や虫、史跡に関することなどなど、 私の興味のあること。主に栃木県に関する雑記が中心です。
 カレンダー 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 ブログ内検索 
 最新CM 
[06/20 tomo]
[09/15 ひめこ]
[08/20 くぅ]
[08/20 管理人]
[08/20 管理人]
 最新TB 
 バーコード 
 P R 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

df65b4fa.jpeg遅くなってしまったがまずはTM自体の感想を
正直言って不安…

先週小平で行われたFC東京とのTMにも行ってきたのだが、その時とは相当違う印象を受けた。
あくまでTMなのでそれがそのままチームの状況、力を現すものでは無いと思うが
1本目に限って見てみればある程度の予測材料にはなると思う。

ちなみにFC東京とのTMの結果は

栃木SC 3-2 FC東京
1本目:1-1
2本目:0-1
3本目:1-0
4本目:1-0

FC東京とのTMと水戸とのTMで違う点
もちろん数人メンバーが異なっている
この中で違いが生まれた理由を推測すると(あくまで推測、想像ですよ)

大きく影響したのはチェ・クンシク!
もちろん彼自身の力は当然だが、それ以上に「戦術に狂いが生じているのかな?」という印象を受けた。

昨シーズンを振り返ってみれば
チェ・クンシクとの交代で林 祐征が入ることが多かった
つまりポストプレーを重視していたということであろう

個々の選手がそれを得意としていたかどうかは評価が分かれるところではあると思うが
少なくとも長身の選手がトップでターゲットとなることで中盤の選手は楔を打ち込むことが出来るし
ポストとの連携でさまざまな攻撃が出来る。
そしてポストプレーを全面に出すことで相手はそれに対応しなければならなくなる。

野球に例えてみれば、ピッチャーは直球ばかりではいくら早くても打たれてしまうが
変化球や遅い球を混ぜることで相手を空振りさせることが出来る。

廣瀬、杉本のプレーは失礼な言い方かもしれないが変化球的なところがあるように感じる。
ポストプレーという直球勝負があり、相手がそれを警戒しているからそれがより活きる様に思う。

クンシクを欠いた今、トリポジは出来るだろうが少しタイプが違うからフィットするまでに時間が必要だと思うし
ロボはもちろんんできるしこれまでもポスト的な仕事をしてくれている。
しかしもったいない

ここは松田監督に期待するしかない
大きくはリスキーだが直球と変化球をどちらを主体にするかという組み立ての変更は短期間でも可能ではないかと期待している。

間もなくシーズン再開、ここは松田監督に期待するしかない!
そして全選手が今がチャンスと思って全力でアピール(練習とかでねw)してくれることを期待!!


「頑張っぺ東日本!北関東から元気を」というサブタイトルのついた今回のTM
それに関して思うこともあるが長くなったのでそれは明日に(笑)

PR
色々考えたけど先ずは当初思っていたことから書こうと思います。

祝、開幕勝利!
そして北関東ダービー先勝!!

正直いって不安でした…
そして立ち上がりの悪さはある程度覚悟していました。

しかし試合開始直後にはそんな不安はかき消され
今年はいろんな意味で楽しく、ドキドキできそうなシーズンなるんじゃyないか?
そんな期待を抱かせてくれました。

試合内容に関してはいろんな方がブログ等で書かれていますのでここではこれ以上触れません(笑)

実は試合前から私には不安なことがあったんです…
今期はバックスタンドが完成!
やっと最低限は整った環境での試合となるわけですが
「みんなバックスタンドに行ってしまうのでは?」
というのが心配…

実際にスタジアムに行ってみれば、S席も結構入っていますし、杞憂だったかと
c07a2f77.jpgバックスタンドに沢山の観客がいるっていいですよね!
雰囲気盛り上がりますし







でも、後半バックスタンド側に行ってみたら
bf899f15.jpeg「あれっ?メイン寂しい…」
メインのホームよりにいたから寂しく感じなかっただけだったんですね…

正直、S席やSS席にもっと魅力が欲しい!
売店も昨シーズンよりしょぼくなった気がしますし

メインスタンドが埋まって、そしてバックスタンドが埋まって
(どちらが先でもいいですがw)
そんな魅力あるスタジアムになって欲しいものです。




半年ぶりに更新(笑)
なにを書くかは決めていたのですが…
思っていなかった事が色々あって、正直頭の中がまとまっていません…

スミマセン、明日まで考えます
いつまでも続けていても仕方が無いので
私が個人的に心配していること
そして問題をおこしている当事者に言いたいことを書かせていただいて
ひとまず区切りとしたいと思う。
(前の記事で頂いたコメントで要点を書いていただいちゃったのでw)

まず心配していることは
当然ながら怪我人などの発生である。
それが当事者の場合でも自業自得とは言っていられない…
当然の事ながらチームの運営責任が問われてくるし
それが第三者であったら大事である。

来期にはバックスタンドが完成しているはず
ゴール裏席の通路を通る人の数は大きく増えるのは必然
もちろん最後部に通路はできるだろうが混雑していれば当然中央部も通行することは予想される。

そして一番危惧しているのは
違反を繰り返す人ではなく
彼らに乗せられて、たまたまその場の勢いで違反をしてしまった人が処分を受けることである。
いつ運営が対処するかは運営にしかわからない…
下手をすると常習者が処分を免れ、たまたまその時にいた人が処分されるという不合理なことが起こるのではないかと心配している。

ここで私の願っていることを書いておくが
『一番幸せなスタジアム』は難しいし、それは理念的な物だと思っている
しかし『一番(?)楽しいスタジアム』は可能だと思っている。
フロント、選手は当然かもしれないがメイン、ゴール裏みんなが栃木SCの事を思えば可能なことだから。
一部のゴール裏の人は楽しいゴール裏を目指しているように感じているし
以前、直接何人もの方には話をしているが
『ゴール裏もメインも、みんなが楽しくできなければ駄目』
と言ってきた。
(だからよけい叩かれるのかもねw)

そういった視点から当事者に対して言いたいことは
『あなた方は何を応援しているんですか?』
ということを聞きたい。
応援することの喜びは
勝利の歓喜も、敗戦の悔しさも共有できるところにあると私は思っている。

でも、あなた達は自分達が楽しむために応援という名を借りて騒ぎたいだけなのでは?
応援のための応援をしているのではないですか?
とさえ思える。

だって、応援しているチームになんで反抗するの?

警備員に逆らってるけどビッグフラッグを提供してくれたのは何をしている会社なの?

なんで遠距離アウェイまで参戦してくれてるのに、ホームではメインとかにいて
自分達の周りにいないサポーターに対して威嚇するように睨み付けるの?

誰に対してということでもなく宙に向かって煽ることに夢中になってるけど、ホントの重要な局面でなければその分応援歌歌ったほうがいいんじゃないの?

つい先日『ルール違反をまず無くしたほうがいい』と言ったら
『ルール違反なんかありません』と言った本人が何でフェンスに長時間足かけてるの?

ま~正直、私が煽ってます(笑)
是非反論のコメントをお待ちしています。


実は岐阜戦のあと、チームには要望をメールで送っています。
『突然警備員に注意させるやり方ではなく、まずは話し合いの機会を持つようにしていただきたい』と…
それに対して『クラブとサポーターの間で意思疎通をとっていく必要がございます。』(抜粋)
との回答を頂いていますが…
マナー違反が繰り返される状況では難しいかもしれませんね…

なんか乱文の上長文になっちゃいましたけど…
次のホーム戦の後、また同じような記事を書かないですむことを願っている…
この件に関して少し振り返ってみたい…
ことは5月30日の岐阜戦で始まった。

ゴール裏最前列、及び通路のフェンスに立つ行為に対して警備員から指導が入った。
「個人的には今日始まった事では無いのになぜ?」
と思うと同時に
指導に従わないことに非常に不快な気分になった。

私は何が何でも白黒ではないと思っている。
その時までは『盛り上がるからアリ』
とも思っていた。
世の中、グレーゾーンは存在しているのだから…

しかし指導が入ったら話は別になる。
警備員が自分の判断で行動したわけは無いのだから
(実際、トランシーバで連絡取りながら指導を強めていっていた)

昨日の記事でコメントにも頂いたが
『盛り上がるからアリ』<『常識』
が普通だろう。
試合を運営するチームに反抗することがサポーターのすることなのだろうか?
もちろんその時は熱くなっているから反論したりすることはわからなくは無い。

だから移転前のブログの記事を書いたときは
『栃木から出入禁止を出してはいけない!』
という一心で書いた。

しかし、中断期間をはさんだとはいえ今は8月
いくらでも冷静に改善する時間はあっただろう

だが、相変らず警備員に注意を受けている…
その点では私の考えが間違っていたと思うし、今は違う考えになっています…

メインからみているので全てではないのだろうが
私が見たのは通路を塞ぐバンデーラを注意されていた。
その時はしたに下ろして事はすんだ様だが…

はっきり言って通路の足元にバンデーラが横たわってるのって邪魔だし危ないから!
しかも試合中何度もそれを持ち上げて通路を塞いでいた。
後半も終わりのころその揺れるバンデーラの下を小さい子を抱いたお父さんが潜っているのを見たとき
これはヤバイと思った。

小さい子がいれば試合の展開に関係なく、通路を通らなければならないことはあるだろうし
これまでにも食べ物を持った人や、走りまわる子供など危ない要素はあったのだから予測するのが普通の大人だと思う。

バンデーラを持ち上げていた数名は
『こんな時に通るな!』
と言いたいのかもしれない…
しかし私は彼らに言いたい
『他の人を気遣えないのであればグリスタに来るな!』と

ここでお断りしておくがいわゆるゴール裏の人たちのほとんどは栃木SCを熱心に応援している素晴らしい人たちだと思います。
ただその中に問題行動をする人がいること
そしてその人たちが目立った行動(引っ張っている行動)をしていることが問題だと思います。

長くなってしまったので彼らに関しては明日に回しますが
(さっき一度書いた記事がなぜか飛んでグッタリ…)

今、私が一番疑問な事もそれ以外のサポーターの方に関してなんです…
皆さんは
『マナー違反を仕方が無いことと受け止めておられますか?』
『マナー違反の行動がホームでの試合毎に行われ、毎回警備員に指導受けていることを知っていますか?』
人が密集しているあの場所ではそのこと自体を知らない人もいるように思います。
指導受けた当事者はそのことを言わないでしょうしね…

是非コメント下さい!


 カウンター 
 サッカー関連ニュース 
RSS表示パーツ
 栃木SC 
 J2対戦表 
サッカー J2 ブログパーツ【SBP】
 J2順位表 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]