忍者ブログ
サッカー(栃木SC)や虫、史跡に関することなどなど、 私の興味のあること。主に栃木県に関する雑記が中心です。
 カレンダー 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 ブログ内検索 
 最新CM 
[06/20 tomo]
[09/15 ひめこ]
[08/20 くぅ]
[08/20 管理人]
[08/20 管理人]
 最新TB 
 バーコード 
 P R 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少し落ち着いたところで(笑)
少し冷静に考えてみようと思う

日本はワールドカップに1998年から4大会連続で出場
改めて考えてみるとこれだけで凄い!

20代の人の中にはそれ以前の事を知らない方もいるかもしれないが
あの『ドーハの悲劇』がほんの少し前
1993年の事なのである…

1998年、フランス大会に初出場まで
日本にとってワールドカップ出場自体が高い壁だったのである。

そして2002年の日韓大会
決勝トーナメント進出を目標にし
目標は達成したがそこで敗退

今大会ではベスト4を目標としたが
決勝トーナメント初戦で敗退

個人的には「ベスト4を目標」にした時点で結果が決まっていたようにさえ思う。
その前の段階『ベスト8』を考えたとき
冷静に考えてみれば8ヶ国くらいは優勝候補がいるのである
(今回はイタリア、フランス等が消えてしまったが…)
とすれば
決勝トーナメントでの勝利=優勝候補
と考えるべきだろう

『ベスト4』など目標にしてはいけない
『優勝』を目標にできるチームでなければベスト8は望めない

日本は4大会連続で出場、内2大会で決勝トーナメント進出と着実に結果を出してきている。
その結果を驕ることは論外であるが
決して卑下することはないと思う。
なにしろまだ4回しか出場していないのだから…

話変わってw
栃木SCもそう
まだJ昇格2年目なのである。
中断前、J1の陰がよぎったとしても
それはたまたまよぎったのである。

もちろん昇格はして欲しいが
日本がまだ優勝候補となれないように
栃木SCはまだJ2優勝を狙えるチームではない。
選手とかフロントとかだけではなく
地元、そしてサポーターが考え方を変えていかなければ今以上の進展は…
(その辺に関しては少しずつ書いていこうと思います)
PR
8強への壁は厚い…
ある意味一番悔しい負け方これがワールドカップの怖さだね…
(;_;)

だけど壁に手をかける所まで日本は来た!
次こそは!!
と思うしかない…
この日はアゲハ類やシジミ類を結構見ることができたが
それらは後日改めて、まとめて紹介しようと思う。

ということで今回登場いただくのは
kuro.jpgクロヒカゲ
Lethe diana Butler

ヒカゲ=日陰
というあまりイメージのよろしくない名前をつけられているが
一部の種類を除き、半日陰の環境で多く見られるためであろう。

似た種類に『ヒカゲチョウ』がおり
それと比べて黒っぽいから『クロヒカゲ』なのだろう

この仲間はジャノメ蝶科というグループに属しているが
その名の通り蛇の目のような目玉模様をもつ種類が多い。

この蝶の場合、蛇の目の周りに紫の縁取りがあり
地味な中にも美しさを持った蝶だと思う。

『ヒカゲチョウ』との見分け方は割とはっきりしているのだが
野外でちらっと見たときなどは迷うこともある(笑)
(見分け方はここでは書きませんが『クロヒカゲ』と『ヒカゲチョウ』で検索すれば見つかると思います。)
根拠無く、勝ちそうな気はしていたけど
3-1とは…

あの強化試合とかは何だったのだろう?

グループリーグ突破で
岡ちゃんが名将とよばれてしまうのだろうか?(笑)

そして、大〇撲の野球賭博問題は霞んでしまうのだろうか…?
 カウンター 
 サッカー関連ニュース 
RSS表示パーツ
 栃木SC 
 J2対戦表 
サッカー J2 ブログパーツ【SBP】
 J2順位表 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]