忍者ブログ
サッカー(栃木SC)や虫、史跡に関することなどなど、 私の興味のあること。主に栃木県に関する雑記が中心です。
 カレンダー 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 ブログ内検索 
 最新CM 
[06/20 tomo]
[09/15 ひめこ]
[08/20 くぅ]
[08/20 管理人]
[08/20 管理人]
 最新TB 
 バーコード 
 P R 
[1]  [2
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

誰がこんな筋書きを…
誰がこんな結末を…

本当にありがとう!
日本中が元気を貰ったと思います。
個人的に先々週ちょっとビビった事ありましたけど…
今週末、全力で頑張ります!!
PR
割と短距離アウェイの甲府戦に電車で
しかも1泊で出かけたのは
甲府の街とヴァンフォーレ甲府の関係を雰囲気だけでも感じたかったから。

5月に熊本の町で熊本の方に話しかけられ
お話しをしている中で
「ロアッソ熊本は根付いているんだな…」
と思ったのがきっかけ

市民チームとしてマスコミでも取り上げられることがある甲府はどうなのか?
その辺の片鱗だけでも見たかった。

100725m02.jpg駅の改札をでるとマスコットのお出迎え!
ホームチームだけではなく
相手チームのフラッグも持っているところが好感持てます。






100725m01.jpg駅を出ると駅前にはヴァンフォーレ甲府のスポンサー
「山梨交通」の関係企業、「山交百貨店」があり

その入り口にも甲府と栃木のフラッグが掲げられています。
(それも駅に近い側に栃木!)




山梨に来県するアウェイサポーターを観光客と位置づけているだけなのかもしれませんが
これはこれで印象深い趣向だと思います。

肝心のヴァンフォーレ甲府のアピールはというと
(私がふらついてみたのは甲府の南口方面だけだったんですが)
最初は「思ったよりのぼり少ないな?」」
という印象でした。

小瀬のスタジアム周辺のイメージから
もっとバーンと並べていると思ったんですが
駅周辺はそれほどでも無かったです。
ポスターもほとんど見かけなかったし…

しかし『最初は』と書いたのは
どう考えても目立たないであろう
路地に入ったところなどにも点々とのぼりが…
その意味ではホント、地元に密着しているのかなという印象に変わりました。

そんな時にすれ違った女性のさしていた日傘
赤と青…
もしやと思ってよく見ていると
『甲府』の文字と『♂』のマーク
ヴァンフォーレとは書いていないけど、たぶんグッズなんでしょうね
(オンラインショップにはありませんでしたが)

さすがに写真撮らせてくれとは言えませんでしたので画像はありませんが
堂々とさしてるところが良いですね

なんか、よく書いてることばかりですが別に甲府に乗り換えたわけではありませんのでw
栃木もこんな感じになって欲しいと思います。
そして甲府にはグリスタでぜひ栃木に勝ち点3を献上していただけたらと思います(笑)

で、おまけに試合翌日なんですが。
朝6時台の事までしかわかりませんが…
「山交百貨店」のフラッグは両チームともはずされていました。

100725m03.jpgで、前日は気がつかなかったんですが
駅ビルにもマスコットが…
すでに次節の告知に変わっています!
この時間より早朝にとは思えないので
たぶん試合終了時には変えられていたんでしょうね。

ちなみにこの時でも駅改札のマスコットは甲府と栃木のフラッグを持っていました(笑)


最後にフロントに希望!
『JR宇都宮駅』
『東武宇都宮駅』
『栃木県観光物産協会』
『宇都宮観光コンベンション協会』
などなど…
栃木を盛り上げるためにいろんなところと積極的に連携していこうよ!

少し落ち着いたところで(笑)
少し冷静に考えてみようと思う

日本はワールドカップに1998年から4大会連続で出場
改めて考えてみるとこれだけで凄い!

20代の人の中にはそれ以前の事を知らない方もいるかもしれないが
あの『ドーハの悲劇』がほんの少し前
1993年の事なのである…

1998年、フランス大会に初出場まで
日本にとってワールドカップ出場自体が高い壁だったのである。

そして2002年の日韓大会
決勝トーナメント進出を目標にし
目標は達成したがそこで敗退

今大会ではベスト4を目標としたが
決勝トーナメント初戦で敗退

個人的には「ベスト4を目標」にした時点で結果が決まっていたようにさえ思う。
その前の段階『ベスト8』を考えたとき
冷静に考えてみれば8ヶ国くらいは優勝候補がいるのである
(今回はイタリア、フランス等が消えてしまったが…)
とすれば
決勝トーナメントでの勝利=優勝候補
と考えるべきだろう

『ベスト4』など目標にしてはいけない
『優勝』を目標にできるチームでなければベスト8は望めない

日本は4大会連続で出場、内2大会で決勝トーナメント進出と着実に結果を出してきている。
その結果を驕ることは論外であるが
決して卑下することはないと思う。
なにしろまだ4回しか出場していないのだから…

話変わってw
栃木SCもそう
まだJ昇格2年目なのである。
中断前、J1の陰がよぎったとしても
それはたまたまよぎったのである。

もちろん昇格はして欲しいが
日本がまだ優勝候補となれないように
栃木SCはまだJ2優勝を狙えるチームではない。
選手とかフロントとかだけではなく
地元、そしてサポーターが考え方を変えていかなければ今以上の進展は…
(その辺に関しては少しずつ書いていこうと思います)
8強への壁は厚い…
ある意味一番悔しい負け方これがワールドカップの怖さだね…
(;_;)

だけど壁に手をかける所まで日本は来た!
次こそは!!
と思うしかない…
根拠無く、勝ちそうな気はしていたけど
3-1とは…

あの強化試合とかは何だったのだろう?

グループリーグ突破で
岡ちゃんが名将とよばれてしまうのだろうか?(笑)

そして、大〇撲の野球賭博問題は霞んでしまうのだろうか…?
 カウンター 
 サッカー関連ニュース 
RSS表示パーツ
 栃木SC 
 J2対戦表 
サッカー J2 ブログパーツ【SBP】
 J2順位表 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]